喉ごしが良いのは地ビールだけ

雑誌とかのインタビューで、「アイスコーヒー」について尋ねられたとしたら、君はどう返答する?「幸運」って、人それぞれで感じ方が全然違うかもしれない。

サイト内メニュー

熱中して熱弁する先生と穴のあいた靴下

先月まで一切知らなかったが、プールに入っても大丈夫なオムツなるものがある。
都会では、プール用オムツを着けて入れる所と入ってはいけないところがあるとのことだ。
確実に、プールに入っている人から見れば、プール用でもおしっこなど含んでいるオムツで入られたら、それはそれはいやだろう。
とはいえ、親としては、入れてあげたいと考えてしまう。
だが、立場が逆だったらとても不快だ。

陽気に歌う子供と冷たい肉まん
娘の2歳の誕生日が近いので、プレゼントを何に決めようかを迷っている。
妻と相談して、体を使って遊ぶ遊具かためになるおもちゃか洋服などにするかを決定しようとしている。
考えてばかりでなかなか決められないので、実際に見に行って選ぶことにしたけど、これだというものがなかった。
けれど、こどもに見せてみたら、以外とあっさりと決めることができた。
ジャングルジムに一生懸命になったから、これに決めた。
ただ、部屋が窮屈なので、小さめのコンパクトなやつに決定した。
価格もなかなかリーズナブルだったので、助かった。

寒い木曜の昼に微笑んで

いつも、至って無地のファッションが好きな私は、大変ビビられるけど。
コルセットや定期入れや飾り物まで揃い、全部固めたいと考えれば節約生活になりそうだ。
それでも、ジルはやめられない。

風の強い祝日の夕暮れに座ったままで
そんなには、テレビドラマは視聴しないほうだけれど、最近、それでも、生きていくを録画してから見ている。
加害者の親兄弟と殺された小さな子の両親と兄達が出会ってといった話で、常識的にいってありえない話の中身だと思う。
被害者の両親と兄達と殺人犯の両親と妹のどちら側も不幸に包まれているストーリーがえがかれている。
内容の中身はものすごく暗いと思うけれど、しかしその分、映像はきれいな雰囲気につくられている。
花や自然の映像がすごく多く使われていて、牧歌的できれいな映像が非常に多く使われている。
今後、話がどうなっていくのか想像がつかないけれど、ちょっとでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

薄暗い平日の深夜に料理を

ビールなど、アルコールのおともに、そこそこ健康に良い物を!と考えている。
最近の酒の友は焼き葱。
その前はさんま。
それから、直近では鰻だけれど、少々高めなので断念。
そして、新しいメニューを考案した。
買い物に行けば90円くらいのエリンギ。
小さく切って、ごま油で炒めて、みりんと醤油を適量使用し整えたもの。
じゅうぶんお金はリーズナブルだし、KCALも低い気がしませんか。

息絶え絶えで大声を出すあの人と履きつぶした靴
梅雨が明けたばかりだけど、今日蝉が鳴き出してたのを聞いて、少年は「今年も夏になったなぁ。」と思った。
夏休みが始まる前の休日のお昼前、少年は縁側で入道雲を見ながらアイスを舐めていた。
頭の上では風鈴がときおり鳴っていた。
朝から暑い日で、太陽が座った少年の足を焦がしていた。
少年は半ズボンという格好だ。
汗がほっぺたを伝って流れ、アイスクリームも溶けてきた。
少年は、近所の市民プールのプール開きが待ち遠しかった。

笑顔で体操する彼と冷たい肉まん

見るのにめっちゃ長く長く距離を歩く動物園は、夏はとっても暑すぎてしんどい。
友人夫婦とお子さんと私の家族ともどもいっしょに入ったが、非常に暑すぎてつらかった。
すごく暑すぎるので、キリンもトラも他の動物もめったに行動していないしし、遠くの物影に身を潜めていたりで、ほとんど見えなかった。
次回は、水族館などが暑い時期はいいかもしれない。
娘が大きくなったら夏期限定の夜の水族館や動物園も良さそうだ。

じめじめした火曜の日没は昔を懐かしむ
師匠が昨日道具を持って釣りによくスポットに行ったらしい、長時間やっても何匹かしか釣れなかったらしい。
餌取りがそこらじゅういて、フカセ釣りが難しかったらしい。
だけど、しかし外道だがイノコの40cm近くが釣れたらしいから、いいなと思う。
一時前にわけてもらって自分でさばいて味わったがめちゃめちゃ味わい深かった。
50cmもあってうまい魚がいると話を聞いたら釣りに出かけたくなるが、まだ我慢して今度だ。

笑顔で熱弁する友達と履きつぶした靴

日本全国、数えきれないくらいの祭りが開催されているだろう。
自分の目で確認したことはないのに、じゅうぶん知っている祭りは、秩父夜祭りだ。
ゴージャスな彫刻をした、笠鉾と屋台の合計6基。
祭りの概要が分かる会館を観光した際に、実際の様子を写したDVDや実際の大きさの屋台と笠鉾を見ることができた。
寒い12月に開催されるので、冬祭りとも呼ぶようだ。
現在進行形で見てみたいお祭りの一個だ。
夏にあるのは、福岡の放生夜があり、命ある者の殺生を禁じるお祭り。
江戸時代は、この祭りの間、釣りもしてはいけなかったという。
トラディショナルなお祭りも大事だが、私はりんごあめも同じく大好きなのだ。

余裕で自転車をこぐ彼と暑い日差し
以前、正社員として多くの人に囲まれて属していた。
しかし、3年が経過すると、誰かと共に何かするというのに向いていないと知った。
残業の時間が長く、チームプレイで進めるので、仕方のない事だが、噂話がしょっちゅう。
うわさを聞きたいと思えば世渡り上手になれるのかもしれない。
どう考えても、時間の無駄としか思えない運命なのだ。
その上、仕事のペースが遅い人に合わせて進めるという努力ができない、早い人についていけない。
まともな人は、努力不足!と感じるだろうが、家族にはそういう運命だと言われた。